訓練用トイマルチ

練習用トイマルチ

最近風が強くて屋外でドローンの飛行訓練ができないため、室内訓練用にこれを引っ張り出しました。トイマルチとかトイドローンと言われるおもちゃのマルチコプターです。これには、以下のような特徴があります。

  • GPSやコンパス、気圧計が付いてないため、機体を水平に保つ以外は全て手動
  • ホバリング(空中停止)する為には、常に微妙な操作が必要
  • 小型の為、動きがシビア
  • ぶっつけても墜落しても簡単に壊れない

しかし、これを使って訓練をしたからと言って作品が良くなるかと言うとそうでもありません。何故なら、GPSもコンパスも気圧計も、使える場所であるなら使った方が安定した映像が撮れるので、これらが使える場合、使えない場合、両方で撮影できていないと意味が無いのです。さらに言えば、GPS、コンパスはともかく、気圧計までが使えない事態に陥ることはめったにありませんので、通常は、せいぜいATTIモードと呼ばれる高度のみ維持するモードで飛ばすことができれば問題ないと言えます。つまり、このトイマルチでの練習には、不足している部分あれば余計な部分もあると言うわけです。さらに書くなら、空撮シーン等と言うものは、人が見ることができない位置から撮影するものなので、その様なシーンを私たちが作っている企業や地域PRの映像に多用することは、映像として問題だからです(BSジャパンの『空から日本を見てみよう』の様な空撮をメインとした番組やイメージ系CM・PV等は別です)。最終的に必要と思われるシーンに、それ程テクニックがいるかと言えば…正直いらないです!!せいぜい、狙ったアングルに持っていく腕と、真っ直ぐ飛ばせる腕、カメラワーク、あとは危機管理能力が要求されるくらいでしょう。

じゃあ、何故これで訓練するのか?それは、マルチコプター本来の特性を理解する為と、瞬時の判断力を付けるためなのです。一番怖いのは、何か起こした時にパニックを起こすことですからね。と言うことで、本日も計6本18分程練習をいたしました。しかし、難しい。特に、ノーズインサークルをしようと思うと、すぐにすっ飛んで行ってしまうのでペラがかなり傷ついてしまいました(^^;)

練習用トイマルチ

練習用トイマルチ

関連記事

  1. 雪化粧空撮

    空撮動画の品質

  2. 雪化粧空撮

    空撮

  3. 三河湖

    「ドローン」イベントに参加

  4. 撮影風景

    まちおこしショートムービー 第一弾 狐弧

  5. 360°映像の編集

    360°映像も制作します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー