新たにPhantom 4 Proでも国土交通省の許可・承認をとりました

これまで空撮に関しては、DJI Mavic Pro 2機で国土交通省の許可・承認を取っていましたが、この度、DJI MavicPro 1機、DJI Phantom 4 Pro 1機で再申請し、許可・承認をとることができました。

この際、独自の飛行マニュアルを提出し、人口密集地における夜間飛行、風速10m/sまでの飛行、病院や学校での飛行等ができるようにいたしました。第三者上空の飛行はできませんが、マニュアルの中で、第三者とは、危険性や非常時の退避方法等の説明を受けていない人といった定義をしていますので、これらの説明を受けた人は第三者と捉える必要がなくなり、イベント上空での撮影等が柔軟に行えるようになりました。現在、空撮だけの費用は若干高めに設定させていただいておりますが、地上と空撮のセットであれば、大幅に値引きをいたしますので、是非、空撮を取り入れた映像制作をご依頼ください。

許可・承認を得た内容

  • 高度150m未満までの飛行 ※オーダーがあれば150mを超える撮影も都度対応
  • 空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域以外
  • 目視外飛行
  • 夜間飛行 ※ただし、目視外の夜間飛行はできません
  • 人口密集地での飛行
  • 人口密集地での夜間飛行
  • 人(第三者)や建物に対して30m未満まで近付いての飛行
  • イベント上空の飛行
  • 風速10m/sまでの飛行
ドローン許可承認_20170916

ドローン許可承認_20170916